きたみファミリーデンタル

きたみファミリーデンタル

審美歯科・矯正歯科

審美歯科とは

審美歯科

審美歯科とは、歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、歯並び・噛み合わせを含め、治療を行うことにより長期に渡って機能させることを目指して治療します。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

こんな悩みがあれば、お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

  • 歯を白くしたい
  • 詰め物やかぶせ物の変色
  • 歯茎の黒ずみを解消したい
  • 笑った時に歯茎が出るのが気になる
  • 笑った時に銀歯が見えてしまう
  • 歯の隙間や形状が気になる

クラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類

ジルコニア ジルコニア
特徴

セラミック(陶器)の中でも一番硬いクラウンです。

メリット
  • ・奥歯にも使える強度
  • ・変色/劣化をほぼ起こさない
  • ・アレルギーを起こしにくい
デメリット
  • ・保険適応外
  • ・天然歯より硬いため、周りの天然歯を傷めることがある
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
特徴

セラミック(陶器)のみで作られています。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・前歯に最適
  • ・変色/劣化をほぼ起こさない
  • ・アレルギーを起こしにくい
デメリット
  • ・保険適応外
  • ・奥歯では強度不足
  • ・天然歯より硬いため、周りの天然歯を傷めることがある
オールセラミックインレー
特徴

セラミックのみで作られている一部分の詰め物。
素材はオールセラミッククラウンと同じものです。

メリット
  • ・審美的である
デメリット
  • ・保険適応外
  • ・割れる可能性がある
  • ・メタルと比べ、歯を削る必要がある
ベニア ベニア
特徴

セラミックを歯の表面に貼り付ける。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・主に前歯向き
  • ・削る量が少ない
デメリット
  • ・割れや外れる可能性あり
  • ・歯ぎしり等適応できない場合あり
ゴールドクラウン ゴールドクラウン
特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウン。

メリット
  • ・セラミックに比べ、削る量が少ない
  • ・アレルギーを起こしにくい
デメリット
  • ・金属色が目立つ
ゴールドインレー
特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られた一部分の詰め物。
素材はゴールドクラウンと同じものです。

メリット
  • ・セラミックに比べ、削る量が少ない
  • ・アレルギーを起こしにくい
デメリット
  • ・保険適応外
  • ・金属色が目立つ

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正と聞くと金属のボタンとワイヤーを付けて。。。。とイメージすると思います。もちろん、その装置を用いる場合もありますが、当医院では透明のマウスピースを用いた矯正治療を行っています。

「アゴが痛い」「噛み合わせが悪い」「歯並びが気になる」「強く噛めない」「被せ物がよく外れる」等、噛み合わせの不調和が原因になっていることが多いです。矯正治療とは単に見た目を良くするだけでなく、「噛み合わせ」を治療することにより、一生涯ご自身の歯を健康に保つために行います。また、成長期のお子様の矯正も行っています。成長期に矯正を行うことで顎・顔の適切な成長を促すことが可能です。

当医院では矯正専門のドクターとも連携をとっておりますので、患者様お一人お一人にあった治療を提供できますので一度ご相談ください。

お子様の矯正(小児矯正)

お子様の矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療

乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行ないます。(6~10歳)

第2期治療

歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)
下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯槽膿漏の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことでむし歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ていいる状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、むし歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄色くなっている歯を歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、歯にやさしい審美治療です。蓄積した着色を漂白し、あなたの歯本来の白さを取り戻します。

より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行います。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニックで行うホワイトニングです。短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて行います。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより持続時間を長く保つことができます。

pagetop